薬師寺 噂の刀展 3章


 ブレストシーブが関与する日本刀の展示

弊社は平易な言葉で分かりやすい話し方に留意しています。
専門家の方には「物足りない」「もっと詳しく」といったご意見やご要望もあるようですが、今後、専門的解説は他の博物館、美術館様にお任せして、親しみやすい日本文化を目指したいと思います。


 

大宝蔵殿 特別開扉 「仏教と刀」
同時開催 特別展示 「噂の刀展」3章.鎧甲冑(よろい)と日本刀

【期間】平成28年3月1日(火)~5月8日(日)まで
「仏教と刀」と「噂の刀展」の「1章~5章」までは、同時に開催されます。

有栖川宮熾仁親王殿下の御遺品の鎧(甲冑)

金総覆輪阿古陀形斉垣筋兜付本小札緋威二枚胴具足


有栖川宮熾仁親王殿下が東征大総督として出陣し、江戸へ向かわれた際、ご着用になった大鎧です。
製作は当時最高の材料と技術を以て作られている貴重な鎧甲冑です。

有栖川宮熾仁親王殿下は、徳川家に対峙するため、徳川家に祟り妖刀伝説を持つ村正を数振り所持していたと伝えられています。
この度は、初代 村正の刀を展示しています。

徳川本家伝来(慶応三年パリの万国博覧会で注目を浴びた鎧)

金箔押本小札緋威胴丸


兜は室町時代の古い鉢を用い、金箔の鍬形をいただく。
材料は贅を極める超高級品で、絹糸は江戸時代後期に交換されて新品状態に仕上げられています。
慶応三年(1867年)パリの万国博覧会に出展され、各国の注目を集めたきらびやかなものです。

笠間藩藩主が最後の大坂城代となった際、徳川慶喜に献上した 国行(来国行 )の太刀を展示しています。

井伊家伝来の赤備えの甲冑

越中頭形兜付朱塗碁石頭二枚胴具足


井伊兵部少輔直好公所用。井伊直好は井伊直政の嫡孫にあたります。
井伊の「赤備え」と呼ばれる朱うるしで塗られ、目立ち威圧する効果を生み、戦場では恐れられる存在となりました。
兜の長くて大きな天衝(天月ともいう)は、遠くからでも井伊氏であることが判別でき、強力な軍団のトップの存在を際立たせたことでしょう。

最上大業物で最上作、南北朝時代の名人中の名人 兼光の太刀を展示しています。


宮本武蔵にまつわる鎧として、巌流島の決闘の際立ち会った細川家家老 長岡佐渡守興長の甲冑。
※この度は展示場の都合で、甲冑を展示するスペースが不足するため、宮本武蔵にまつわる部分を外しました。ご了承ください。